羽田空港のパワーラウンジに CONCEPUTUAL ART & SIGNS 登場

CONCEPUTUAL ART & SIGNSとは、クライアント企業様の思いやそのインテリア空間に込めたコンセプトを障がい者アートとプロのデザイナーさん、さらに書家さんの共創で表現した新たな取り組みでした。

・パワーラウンジ運営元の日本空港ビルデング様からコンセプトを「はかどり」と「やすらぎ」とお聞きしました。

・クロスチームでは、ラウンジでご出張前に仕事の準備を整え、これからの商談が「はかどる」シーンや旅の始まりや終わりにラウンジで一息つく「やすらぎ」のシーンを想像しながら作品の制作をプロデュースしてきました。「はかどり」と「やすらぎ」を様々な一文字で表現して下さった書家の前田鎌利さんの書もダイナミックで素敵です。日本伝統の掛け軸をモチーフとして存在感溢れるものになりました。

・新たな挑戦でしたが、とても楽しく貴重な経験でした。日本空港ビルデング様をはじめ関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

日本空港ビルディング プレスリリース